社長ブログ

企業家の言葉 Archive

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

マネジメント・ラーニングを設立して間もなく2年になります。

まだまだよちよち歩きの子供です。

今年はさらに飛躍できるよう、選んだ道を突き進んでいきたいと思います。

ここにあまりにも有名な松下幸之助の「道」を読み返したいと思います。

何度読んでも身が引き締まり、頑張ろうという気持ちになります。

道

~以下、「道をひらく」より引用~

 

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。

どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。

自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがいのないこの道。

広い時もある。せまい時もある。 のぼりもあればくだりもある。

坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。

この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。

なぐさめを求めたくなる時もあろう。

しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

あきらめろと言うのではない。

いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、

ともかくもこの道を休まず歩むことである。

自分だけしか歩めない大事な道ではないか。

自分だけに与えられているかけがいのないこの道ではないか。

他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、

道はすこしもひらけない。

道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。

心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

それがたとえ遠い道のように思えても、

休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。

深い喜びも生まれてくる。

 

松下幸之助